■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sayo-chi.jp/blog/?key=33&year=2017&month=11
■2017年11月の書き込み
書き込み数は5件です。
2017年11月27日(月) 
「バーミキュラでつくる」シリーズ第4弾は、とろけるようにやわらかい牛肉を味わえる本格的な赤ワイン煮込みです。
昔々あるところに、美味しい美味しいレストランがありました。どんな料理を食べても、頬が落ちるくらい美味しいメニューばかりでしたが、とりわけ「牛肉の赤ワイン煮込み」が絶品で、(値段が高いので2度食したきりではありましたが)、その味わいと食感が忘れられませんでした。

バーミキュラに添付されている教本に、そのレストランを彷彿とさせる美しい「牛肉の赤ワイン煮込み」があり、気合いを入れてつくってみることにしました。本当なら、牛バラの塊

閲覧数18 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/11/27 08:43
公開範囲外部公開
2017年11月26日(日) 
昔は奄美を含む琉球の農家で広く飼育されていましたが、産子数が少なく発育速度も遅いため、戦後は収益性の高い外来種の飼育におされて、戦前に10万頭いたものが戦後、一時30頭近くまで減少して絶滅寸前となっていた「アグー豚」。

その肉質は、柔らかくて臭みが少ないのが特徴。赤身の部分が少なく脂肪が多いが、外来種と比べてコレステロール値は4分の1程度ととても低い。また、うま味成分であるグルタミン酸などアミノ酸成分が多くて、現在は、外来種との交配種が「あぐー豚」としてなど各種ブランド豚として売り出されています。

牧志公設市場の馴染みのお肉屋さんで購

閲覧数16 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/11/26 07:54
公開範囲外部公開
2017年11月24日(金) 
「バーミキュラでつくる」第3弾は、季節柄『キノコのクリームシチュー』です。

クリームシチューは、市販のルーを買ってきて作ったことしかないので、ちょっと不安もありましたが、さすがはバーミキュラ。きのこの旨味がぎゅっと詰まった、体の芯から温まる一品が完成しました!!。

8皿分の材料は、
玉ねぎ 2個を薄くスライス
じゃがいも 4個を1口大に切って
ぶなしめじ 1パック
エリンギ 2本を縦半分に切って、食べやすい大きさに裂く
マッシュルーム 10個を7mm角くらいに切って
鶏もも肉 500gを小さめの一口大
バター 大さじ2
小麦粉 大さじ6をふるっておく

閲覧数18 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/11/24 09:36
公開範囲外部公開
2017年11月21日(火) 
バーミキュラでつくる第2弾は、これまで何度トライしても、お肉屋さんにかなわなかった「ローストビーフ」に挑戦!。バーミキュラなら、本格的なローストビーフが、おどろくほど簡単にでき上がりました。肉汁で作ったグレービーソースの味も、マジで絶品です♪

お肉はご近所のスーパーに並んでいた米国産牛もも肉塊(グラム198円)を使います。今回はテスト仕様として、失敗しても悔しくない、お安いお肉を選びました。

材料は、
牛もも塊肉 350g
塩 小さじ1
黒こしょう 小さじ1
オリーブ油 大さじ1
○玉ねぎ(すりおろす) 1/2個
○にんにく(すりおろす) 小さじ1/2

閲覧数20 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/11/21 08:44
公開範囲外部公開
2017年11月20日(月) 
半年間、棚に眠っていた究極のホーロー鍋「バーミキュラ」を使って、さまざまな料理に挑戦するシリーズ第一弾は、ロシアの家庭料理「ビーフストロガノフ」です。
以前に伊丹のイタリアンレストラン「アントン」のオーナーシェフ・中村明さんが、シカ肉を使って作ってくれた「シカストロガノフ」がとっても美味しかったので、憧れを持って最初の料理にしました。

8皿分の材料は、
牛肩ロース切り落とし肉 600g
玉ねぎ(スライス) 大4個
しめじ(石づきを取って小房に分ける) 2パック
○カットトマト缶 2缶/400g
○トマトケチャップ 大さじ8
○ウスターソース 大さじ8

閲覧数30 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/11/20 10:01
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み